貝殻亭リゾート&ガーデン GPI

福利厚生 - スピリッツライブラリー
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
弱者の兵法
弱者の兵法

野村克也
アスペクト

  • 中心なき組織は機能しない
    中心的役割を担う人の意識や言動は、組織内のほかの人間に大きな影響を与える。中心選手は単に技術的に優れているだけではなく、人格や日頃の行いにおいて他の選手の模範とならなければいけない。「野村はエースや4番に厳しい」というのは、私が彼らに鑑となることをもとめているから。野球に対し真摯に向かい合い、練習中はもちろん、私生活においてもしっかりと自分を律し、真剣に取り組んでいる姿。
  • 仕事に全身全霊を捧げるのが真のプロフェッショナルである
    プロ野球のプロとは、高い技量?憧れの対象?無論それもプロの一面だが、あくまで出発点でしかない。真のプロとは「取り組み方」いかにその仕事に全身全霊、全知全能をささげて取り組むことができるか。勝つことが非常に大事であるが、勝負の結果より大切なものがある。人生である、野球は生きるための手段でしかない、もっと大きな目標とは生きることである。人間は何のために生まれ、生きているのか?「世のため、人のため」である。人間は仕事を通じて成長し、成長した人間が仕事を通じて「世のため、人のため」に報いていく。それが人性であり、すなわちこの世に生を受ける意味。野球を仕事と選択した者は、レクリエーション感覚で野球に取り組んではならない。
  • 高校野球がどうしてあんなに人気がある
    高校生のプレーはプロに比べれば劣る、技術やパワーでは比較にならない。にもかかわらず甲子園球場を満員にし、日本中を熱狂させる。その理由である。「一生懸命」なのである。人間がもっとも美しく見えるとき、ひたむきに、一生懸命なにかに打ち込んでいるとき、その姿に人々は胸を打たれ、感動を覚える。だから高校野球に魅せられる。プロであるならなおさらである、高校生以上に、一生懸命プレーし、高い技術を披露して人々を感動させなければならない。そのために、だらしのない格好、髪型、いい気持ちで取り組む姿を見せては申し訳ないと思うものだ。
  • プロではない
    イチローといえば、非の打ち所のない技術、文句のつけようのない実績、その意味ではプロであろう。ただ、彼はデビューしたころから「いい格好しよう」という意識がそこかしこにあった。特に、あの髭がいただけない、ひげや茶髪は自己顕示欲の現れである。名門ニューヨークヤンキースではひげは禁止である。メジャーリーグでも強いチームほど細かい規則がある。ひげや長髪は禁止、帽子はきちんとかぶり、Tシャツでの練習もダメ、遠征先でのアルコール摂取はヒール一杯まで、、、身だしなみ、挨拶、イチローはあれだけのスーパースターなのだから、野球人としてはもちろん、人間として模範になってほしいと思う。
  • 楽しむには2つあるFUNとENJOY
    仕事を楽しんでいうが、楽しみ方には2つある。「FUN」とは、趣味に代表されるとおり、これでは趣味の野球、草野球である。「Enjoy」は持てる力のすべてを出し切る、である。野球だけしか考えなくて良い状況に身を置き、没頭する出来る。自ら選んでこの業界に入ったのだから、こんな幸せなことはない、いくら思い通りの結果がでなくてもそれは「苦労」ではなく「Enjoy」である。
  • この監督についてきたいと思わせる人望
    監督に限らず、人望はリーダーに必須の条件。たんに野球に関する深い知識やすばらしい理論を持っているだけでは充分とはいえない、やはり「その監督が野球人である前に人間として尊敬できるかである」「信頼に足る人物か」「自分達に対し愛情を注いでくれているか」といったことが問われるのである。
  • 好き嫌いではなく、総合的に人事に臨む
    好き嫌いで選手を起用するのは最低の監督である。とメジャーリーグにのこる名言。監督の判断ひとつで、選択ひとつ、選手の将来は大きく変わる。「自分の基準にあわないから」という理由で、まして「気に食わないから」ちいうだけでプロとして失格の烙印を押してはならない。
  • 地位が人を作る
    プロ野球の監督にしても、政治家にしても、はじめから風格のある人間などいない。その地位になって、理想を追い求め、日々考え、努力していく中で、自然と風格が身についてくる。実際、監督になるとすべてが一変する。人の目、言葉遣い、交際する人たちなど身の回りの環境が極端に変わる「環境が人を育てる」ということを実感する。
  • 判断は頭で決断は腹で
    ピッチャー交代などの場面、ブルペン、以降の打者、、様々な情報を集め、頭で判断する。そして「覚悟」を決めて決断をするのだが、その時、しらずと腹に力を込めるような感じになる。決断は腹でするものである。
  • 体力・気力、知力
    体力と気力の限界にぶち当たるときが来る。残るは知力を使うしかないと、野村ID野球はそうして構築されていった。素質に知力をプラスできるかが、プロとしてやっているかどうかの分かれ目となる。人との差を認め、それを克服すべく頭を切り替え、実践していく。野球で言うと体力と気力は高校野球、知力を取り入れて初めてプロ野球となる。
  • 人を遺すことが指導者の最大の条件
    財を遺すは下、仕事を遺すは中、人を遺すを上とする。と中国のことわざにある。名監督と監督の違いはどれだけの人材を育てたかということ、なお「人材を育てる」という意味は、たんに選手として一人前にするということだけではなく、その前に、人間として一流にしたかどうかが大切なことである。
  • 打線
    1人1人のバッターを点とし、一人ひとりのつながりがないのを打順という。失敗の確立の方が高い野球というスポーツではつながりのない連続は恐れるに足らず、しかしつながりとは相手が思うことで、そう思わせたとき始めて打線という。「こいつを塁に出すと4番につながる」「次の打者は小技がうまいから、何かしかけてくるかも」、と守る側が意識し始めたときすでに守る側にプレッシャーを与えている。
  • 人間的成長なくして、技術的成長なし
    個性とは、自分勝手な行動をとったり、自分中心で物事を考えたりすることではない。他人の承認があってはじめて輝くものであり、世のため人のために役立ってこそ活きてくる個人の特性のことを示すのだとおもっている。プロの選手として働ける時間は短い、人性ではそれ以外のほうがよっぽど長い、だから人間教育に力を入れた。とりわけ「感謝の心」を忘れないこと。

    この親への感謝から始まる、「感じる力」、親がいなければ自分は存在しない。親を大切にしない選手が一流になれるわけがないし、そこに気がつかない人間に「感性を磨け」といっても無駄である。つまり、野球人である前に、一人の人間としてまっとうな生き方をしなければ、技術的成長もありえない。
  • 進むときは上を向き、暮らすときは下を向く
    おのれの力を過信した時点で成長は止まる。それ以上の努力も思考も厭うようになるからだ。謙虚な心と感謝の気持ちを忘れなければ、満足することなどありえない。また、ふだんは下を見て過ごせば、自分よりも貧しくつらい目に遭っている人、苦境にあえいでいる人も沢山いる。改めて自分がいかに幸せかということに気付く。当然、感謝する心もうまれるし、他人に対して優しく出来るものである。
  • 人間の最大の罪は鈍感である
    年齢、経験に関わらず、一流の選手はみな修正能力にすぐれている。同じ失敗は繰り返さない。二度、三度失敗を繰り返すものは二流、三流。四度、五度繰り返すものはしょせんプロ失格である。なぜなら、そういう選手は失敗を失敗として自覚できないか、もしくは失敗の原因を究明する力がないからだ。鈍感は最大の罪とはそのことをさす。「小事は、大事を生む」という。些細なことに気付くことが変化を生み、その変化が大きな進捗を招くのである。
  • やさしくするだけが愛情ではない
    ほめたり、優しくしたりするだけが愛情ではない。ましてや機嫌をとったり、おだてたりすることは絶対に愛情ではない。たとえ煙たがられようとも、時には怒らせようとも、必要なときには毅然とした態度で叱り、苦言を呈することも、指導には必要なのである。「この子をきちんと育てたい、立派な選手にしてやりたい」そう思うからこそ、叱るのであり、厳しく接するのだ。その気持ちが無ければ、誰が好き好んでそんな言動をとるものか。
戦艦大和のエピソードより
少尉が、あるとき自分に対し敬礼をしない水兵そのままにした。それを見ていた大尉が「そんなときは鉄拳制裁あるのみだ」と少尉を叱り飛ばした。なぜなら、戦場では指揮官は心を鬼にして冷酷非情な命令を部下に下さなければならないときがある。その際、日頃から少尉のように甘い接し方をしていれば、兵士はこう思う。「あの人はいい人だから、そんな命令を出すはずがない」そして、「甘やかされて育った少尉の兵と、厳しい規律で鍛えたおれの兵、どっちが強いか比べてみようか」と大尉はいった。
これからの日本人へ
これからの日本人へ

松下幸之助
PHP研究所

春があって夏があって、秋があって冬があって、日本はよい国である。自然だけではない。長い歴史に育まれた数多くの精神的遺産がある。その上に、勤勉にして誠実な国民性。日本はよい国である。こんなよい国は、世界にもあまりない。だから、このよい国をさらによくして、みんなが仲よく、身も心も豊かに暮らしたい。

日を新たであるためには、いつも"なぜ"と問わねばならぬ。そしてその答えを、自分でも考え、また他にも教えを求める。素直で私心なく、熱心で一生懸命ならば"なぜ"と問うタネは随所にある。きょうはきのうの如く、あすもきょうの如く、十年一日の如き形式に堕したとき、その人の進歩は止まる。繁栄はなぜから始まる。

親を大事にし、上司に敬意をはらう。先輩に礼をつくし、師匠に懸命に仕える。親や師にたいするだけではない。よき仕事をする人を心から尊敬し、一隅を照らす人にも頭を下げる。天地自然、この世の中、敬う心があれば、敬うに値するものは無数にある。

日本には"寛厳よろしきを得る"ということばがありますが、今は"寛"があっても"厳"がないですね。政治も厳がない、寛だけです。
スティーブ・ジョブズ 神の策略
スティーブ・ジョブズ 神の策略

リュウ・ブックス・アステ新書


ヒットしている製品やサービス、ビジネスモデルを分析する、成功の秘訣は新しい技術を適切かつ強力なビジネスに乗せることと言う論文がでた。ジョブスにとってはこれは単なる後だしじゃんけんにすぎない。ほとんどはその成功の可能性は読めない。だからとことん拘ることしかない、少なくともいい加減な製品では売れないことが明らかだからだ。 街おこし、地域再生、、失業対策をうっても成果が上がらない、同じ街で暮らす者だけが知恵を絞っても、出てくる答えは想像を超えない。異なったバックグラウンド、多様な体験、考えを持った「猛獣(バカ者、若者、よそ者)達」が意見をぶつけるところに新しいものが誕生する。 斬新なユーザーフェイスをゼロックスが開発したが、経営陣はこの技術の将来性を見出すことは出来なかった。研究は製品化されてこそ事業になるのだが、製品化はつらく苦しい道のりである。かつてコピー技術の製品化に成功したゼロックス経営陣は、製品化に必要のなのは高度な知識や卓越した経験ではなく「諦めない執念」だったことを忘れたようだ。「諦めない執念」は地球上のあらゆるビジネスで、そして人生でも通用する決め玉だ。 800万円の契約金で入団した選抜準優勝投手と50万円の契約金でバッティングマシンの代わりとして入団した稲生和久。バッティングマシンの代わりとなり西鉄強打者相手に投げ続けた稲生は大成した。 企業に入社した時の成績や学歴は無いに越したことは無いが、将来の成果になんの保証にもならない。入社した後、どれだけ頑張るかにかかっている。 イノベーションとバージョンアップは違う、0から1を生み出すことと1を100にすることは違う、バージョンアップとは既成製品を改良してできる製品にすぎない。イノベーションとは次元を変えることである。長さを表す1メートルは、100倍すれば100メートルだが、1万倍しても1ボルトにはならない。重さの1キログラムを100倍すれば100キロだが、1メートルには決してならない。「重い、軽い」と表現する物を「長い、短い」といいあらわす長さに変えることが次元を変えること。 イノベーションが出来ない多くの企業は同じ次元の中をぐるぐる回っているだけ。 「すごいレベル」と「まあ、こんなもの」ではその先大きく異なる。すごいレベルに対し人は優先順位を上げてくるものだ、それが対企業であったりすると対応する人も予算も1級品が優先される。一方、「まあ、こんなものか」と言う相手に対しては2級品しか回ってこない。
なぜCEOの転進先が小さなレストランだったのか ―マネジメントを極めた男の物語
なぜCEOの転進先が小さなレストランだったのか ―マネジメントを極めた男の物語

パトリック・レンシオーニ エヌティティ出版

出勤するのが憂鬱で、仕事中も早く帰りたい、忙しくなくてもエネルギーを取られる。長い一日を終えると、朝、家を出た時よりも熱意を失って皮肉っぽくなっている。それは、惨めになる仕事です。そして、仕事を生き甲斐にするも、惨めなものにするもそれは、本人次第であります。 この本では、マネジャー(部下を持つ立場の者)が、部下達との関わり合いから皆の仕事を生き甲斐に変えて行く様を示している。 惨めさのコストは、その人の人生に大きく影響を及ぼす。 仕事をしながらイライラして、世を拗ねて、疲れきって一日を終えると、その苛立ちと皮肉を周りの人にグチグチと撒き散らす。それは、家庭にも必要以上の緊張とストレスを強いて人生を楽しめなくなる。 仕事を惨めなものにする根本的な3つの要素 自分という人間を知ってもらえていない。 自分の仕事が誰かにとって重要であることを知らない。 働く時、自分の進歩と貢献度を自分で測ることができない。 直接のマネージャーが、部下に本物の感心を持つ(一人の人間として)こと、彼らをしろうとすること、業務以外で人として感心を持ち合う関係には、金銭や立場では築ききれない信頼関係が生まれる。 部下のことを本当に知っているのか 彼らの趣味は オフはどんなことをしているのか 人生でどんな段階を迎えているのか 人間は自分が必要とされていることを毎日実感することが肝心で、自分が誰の為に働いているのか、誰の為になっているか、自分が他人の人生にどんな影響を及ぼしているのか、誰を助け、どのように助けているかを教えることがマネージャーの仕事。 仕事で誰に、どのような影響を与えているか、分かっているだろうか 効果的な評価方法は、その該当者にとって大き過ぎず、小さ過ぎない身近な活動の数値化、他人の判断に影響を受けない評価測定をマネージャーが各々大切に設定して行くこと。 自分の進歩や成功を評価する方法を部下は知っているだろうか
ミシュランガイド世界の3つ星レストラン―世界の美食をめぐる旅
ミシュランガイド世界の3つ星レストラン―世界の美食をめぐる旅

日本ミシュランタイヤ

PDFデータをSDカードで貸出可能です

アジア、アメリカ、ヨーロッパ、、、世界中にちらばる三ツ星レストランの物語、そのシェフやオーナーの思いがまとまったガイド、ここでは25人のフランス人三ツ星シェフのコメントから、共通して大切にしている事を以下、ご紹介いたします。
  • アラン・デュカス 人の手が触れる前に素材そのものに、すでに味は宿っているが持論。もちろん卓越した技術と伝統料理を現代風に鮮やかに描き変えてしまう天才的ひらめきをさしおいては語れない。さらにそのひらめきは料理にとどまらず、素材の持ち味を引き出す為の調理器具にも及んでいる。
  • アラン・パサール 彼がレシピに注ぐ情熱は、作曲家が楽譜を書くときのそれに似ている。そして彼は耳を使って料理している。厨房の火の音に耳をそばだて、ふさわしいのは子守唄なのか、目覚めの歌なのか、火加減を調整する。
  • パスカル・バルボ なぜ私の牛が美味しいか?それは肉そのものが素晴らしいからです。私の鴨?確かな養鶏場で育っているだけです。どうしてミョウガか?だって素敵な香りじゃありませんか。難しいことは何もしていません。素材がいいのです。
  • ミッシェル・ブラス&セバスチャン・ブラス 二人は終始、忌諱の無い意見を交わし、幸せな共生関係を築いて創作を続けている。芸術を探究する志の前では、個人の野心などまるで意味を成さないとでも言うかのように。「ブラス」では素材が全てを決める。
  • ジェラルド・パセダ 家の台所に立つ女性たちに始まり、私が味覚を鍛え、表現を学んだ修行先の有名シェフに至るまで、大勢の料理を見てきました。その間、決して変わらなかった思いが一つあります。私の料理は決定的にここ、南仏のものだということ。
  • ミッシェル・ゲラール 料理は作曲に似ている。喜びを伝える為には、無理が無く、見た目にもシンプルな料理が最適です。何よりも自然が基本ですが、自然を前面に打ち出すことは、素材の深い知識がなければできません。
  • ミッシェル・トロワグロ 多国籍フランス料理、、。なんとも矛盾した表現だが、すでに40年以上にわたって世界の料理界に君臨するトロワグロ家の後継者ミッシェル・トロワグロの料理を評するには、まさにうってつけと言えるだろう。1965年から続くメニューはいまも健在だ。しかし陽気で遊び心があり、決して型通りではない、料理の隅々から、異国の息吹も伝わってくる。 精力的な旅行かであるミッシェル・トロワグロは、旅先で出会った数え切れないほど多くの香りや風味、調理法を、自らの料理に取り入れてきた。そして彼の一言 「ロアンヌの店の厨房を受け継ぐのは、終わらない束縛を引き継ぐ事でもあります。ですが、私はこの仕事を継いだときから、どうしたら自分が自由でいられるか、どうしたら店に新しい広がりを与えられるかを考えてきました。地球上にある数限りない様々な風味と技術に気付いたのが突破口となりました。そして妻のマリー・ピエールとともに大好きな現代美術に親しむうちに、全く違う分野のクリエーターたちも同じように自由を追求していることを知りました。画家、彫刻家、建築家などのアーティスト、おそらく俳優、小説家、音楽家もそうなのでしょう。彼らとの付き合いを通じて、私達は多くの影響を受けました。」
  • ミッシェル・トラマ 食材が面白くて仕方ありません。
  • アンヌ・ソフィー・ピック 私はスタッフとともに小規模生産者のリストを作り、食材を取り寄せています。まずは仕様書を用意し、それにしたがって生産者とやり取りを始めます。そうすることで私達の仕事、扱う素材、そして店の文化が進化したと思います。私自身、人間的にも、職業的にも、本当に素晴らしい人々と出会えました。
  • ピエール・ガニェール 耳を使って料理をしているとは言えないだろうか。狂いのない正確な料理を作るには素材に耳を傾けなくてはならないとシェフは言う。耳を傾けると言う彼独特の感覚は、優れた料理人が素材を重んじると言うレベルを軽く超越している。ひらめきのセンス、思いがけないマリアージュ、天才的な変換のアイデアは、その鋭い注意力と無縁ではないだろう。
  • レジス・マルコン マルコンは秋をこよなく愛する。紅葉した落葉や腐植度を懸命に押し上げて顔をのぞかせる木の子達。下生えの世界を知り尽くし、森を縦横に歩き回る彼は、目で見るよりも先に木野子のありかや成長具合を感じとる、私達の遠い祖先が持っていた感覚を受け継ぐ一人。
三ツ星シェフのコメントを拝見していると多くが共通して大切にしていること、恵まれた境遇にあることに気付いた。
  1. 受け入れる謙虚な性格。自然を愛しみ、四季を楽しみ、素材を大切にする
  2. 生まれ持って前向きな性格。仕事を楽しむ、仕事をすることが幸せである
  3. 星を背負う運命に生まれる。代々3つ星を受け継ぐ家系、歴史と変化を重んじる
  4. 心の軸は故郷。幼少時代、愛情いっぱいの家庭と多くの自然に触れて育った
  5. 原理原則を掴む推察力。料理を音楽に、彫刻に、小説に、、例える。突き詰めると物事は同じ原理が当てはまり、それら行きつく人々から多くの刺激を受け、自らを奮い立たせ、新たな領域に挑む。
貝殻亭Resort&Garden
お薦めプラン
リクルート
ガーデンボランティアプログラム
社員・アルバイト募集
感動 PROJECT
ナニワイバラ街作りプロジェクト
近隣の観光スポット
京成バラ園
Message
Facebook
BLOG 一期一会
BOOK
「どんな仕事でも2割り増しでやりなさい」
「外資系の仕事術」
「外資系の仕事術」
岩崎 哲夫著
PHP研究所
「未来を創る経営者」
「未来を創る経営者」
国際経営者協会著
生産性出版

▲PAGE TOP