貝殻亭リゾート&ガーデン GPI

福利厚生 - スピリッツライブラリー
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
ミシュランガイド世界の3つ星レストラン―世界の美食をめぐる旅
ミシュランガイド世界の3つ星レストラン―世界の美食をめぐる旅

日本ミシュランタイヤ

PDFデータをSDカードで貸出可能です

アジア、アメリカ、ヨーロッパ、、、世界中にちらばる三ツ星レストランの物語、そのシェフやオーナーの思いがまとまったガイド、ここでは25人のフランス人三ツ星シェフのコメントから、共通して大切にしている事を以下、ご紹介いたします。
  • アラン・デュカス 人の手が触れる前に素材そのものに、すでに味は宿っているが持論。もちろん卓越した技術と伝統料理を現代風に鮮やかに描き変えてしまう天才的ひらめきをさしおいては語れない。さらにそのひらめきは料理にとどまらず、素材の持ち味を引き出す為の調理器具にも及んでいる。
  • アラン・パサール 彼がレシピに注ぐ情熱は、作曲家が楽譜を書くときのそれに似ている。そして彼は耳を使って料理している。厨房の火の音に耳をそばだて、ふさわしいのは子守唄なのか、目覚めの歌なのか、火加減を調整する。
  • パスカル・バルボ なぜ私の牛が美味しいか?それは肉そのものが素晴らしいからです。私の鴨?確かな養鶏場で育っているだけです。どうしてミョウガか?だって素敵な香りじゃありませんか。難しいことは何もしていません。素材がいいのです。
  • ミッシェル・ブラス&セバスチャン・ブラス 二人は終始、忌諱の無い意見を交わし、幸せな共生関係を築いて創作を続けている。芸術を探究する志の前では、個人の野心などまるで意味を成さないとでも言うかのように。「ブラス」では素材が全てを決める。
  • ジェラルド・パセダ 家の台所に立つ女性たちに始まり、私が味覚を鍛え、表現を学んだ修行先の有名シェフに至るまで、大勢の料理を見てきました。その間、決して変わらなかった思いが一つあります。私の料理は決定的にここ、南仏のものだということ。
  • ミッシェル・ゲラール 料理は作曲に似ている。喜びを伝える為には、無理が無く、見た目にもシンプルな料理が最適です。何よりも自然が基本ですが、自然を前面に打ち出すことは、素材の深い知識がなければできません。
  • ミッシェル・トロワグロ 多国籍フランス料理、、。なんとも矛盾した表現だが、すでに40年以上にわたって世界の料理界に君臨するトロワグロ家の後継者ミッシェル・トロワグロの料理を評するには、まさにうってつけと言えるだろう。1965年から続くメニューはいまも健在だ。しかし陽気で遊び心があり、決して型通りではない、料理の隅々から、異国の息吹も伝わってくる。 精力的な旅行かであるミッシェル・トロワグロは、旅先で出会った数え切れないほど多くの香りや風味、調理法を、自らの料理に取り入れてきた。そして彼の一言 「ロアンヌの店の厨房を受け継ぐのは、終わらない束縛を引き継ぐ事でもあります。ですが、私はこの仕事を継いだときから、どうしたら自分が自由でいられるか、どうしたら店に新しい広がりを与えられるかを考えてきました。地球上にある数限りない様々な風味と技術に気付いたのが突破口となりました。そして妻のマリー・ピエールとともに大好きな現代美術に親しむうちに、全く違う分野のクリエーターたちも同じように自由を追求していることを知りました。画家、彫刻家、建築家などのアーティスト、おそらく俳優、小説家、音楽家もそうなのでしょう。彼らとの付き合いを通じて、私達は多くの影響を受けました。」
  • ミッシェル・トラマ 食材が面白くて仕方ありません。
  • アンヌ・ソフィー・ピック 私はスタッフとともに小規模生産者のリストを作り、食材を取り寄せています。まずは仕様書を用意し、それにしたがって生産者とやり取りを始めます。そうすることで私達の仕事、扱う素材、そして店の文化が進化したと思います。私自身、人間的にも、職業的にも、本当に素晴らしい人々と出会えました。
  • ピエール・ガニェール 耳を使って料理をしているとは言えないだろうか。狂いのない正確な料理を作るには素材に耳を傾けなくてはならないとシェフは言う。耳を傾けると言う彼独特の感覚は、優れた料理人が素材を重んじると言うレベルを軽く超越している。ひらめきのセンス、思いがけないマリアージュ、天才的な変換のアイデアは、その鋭い注意力と無縁ではないだろう。
  • レジス・マルコン マルコンは秋をこよなく愛する。紅葉した落葉や腐植度を懸命に押し上げて顔をのぞかせる木の子達。下生えの世界を知り尽くし、森を縦横に歩き回る彼は、目で見るよりも先に木野子のありかや成長具合を感じとる、私達の遠い祖先が持っていた感覚を受け継ぐ一人。
三ツ星シェフのコメントを拝見していると多くが共通して大切にしていること、恵まれた境遇にあることに気付いた。
  1. 受け入れる謙虚な性格。自然を愛しみ、四季を楽しみ、素材を大切にする
  2. 生まれ持って前向きな性格。仕事を楽しむ、仕事をすることが幸せである
  3. 星を背負う運命に生まれる。代々3つ星を受け継ぐ家系、歴史と変化を重んじる
  4. 心の軸は故郷。幼少時代、愛情いっぱいの家庭と多くの自然に触れて育った
  5. 原理原則を掴む推察力。料理を音楽に、彫刻に、小説に、、例える。突き詰めると物事は同じ原理が当てはまり、それら行きつく人々から多くの刺激を受け、自らを奮い立たせ、新たな領域に挑む。
モウリーニョ どうしてこんなに勝てるのか?
モウリーニョ どうしてこんなに勝てるのか?

ブルーノ・オリヴェイラ
講談社

人間の脳は、あらゆる側面において身体と繋がっており、目標設定に触発されたプロジェクトの遂行メンバーのイメージが、身体の動作をシュミレートする。メンタルトレーニングが習慣化すると、体も自然に動くようになってくる。

哲学を実践するということは、知性、想像力、創造力に形を与えることだ。エクササイズ、トレーニング、試合、大会の各段階に応じ発展を遂げ、構築されてはその先へと進む。

戦術ではなく、戦術を実現するためのトレーニングで差がつくんだ。監督がすばらしい戦術をたててこれはこうするぞから1週間かけて準備し、戦術を成功させるための練習法を見出すこと。

チームで重要なことは、どの選手を起用するかに関わらず、決まったスタイルと決まったコンセプトを持ち、それを熟知し、よく理解すること。これを試合の組織化と呼ぶ。

メンタル面とフィジカル面に境は存在しない、フットボールは人間と同じ総合的なもの。
全ての要素は相互に作用している、モチベーション面をふくむ全てを同時進行させてトレーニングを行っている。

プレースタイルを開発するにおいてフィジカル面はさほど重要ではない、組織力と才能である。

トレーニングで重要なのは、強度を高める要素としての集中力。走り込みはエネルギーを消費するが複合性はまったくなく、メンタル面での消耗もない。選手に求められる能力は、複雑な状況下での技術、戦術、精神力なのだ。
野村の「眼」
野村の「眼」
―弱者の戦い


野村克也
ワニ文庫

  • 「中心選手はチームの鏡」、王選手の練習している部屋に入ると、まず、独特の緊張感、殺気に驚愕した。バットの代わりに真剣をふる、天井からぶら下がる紙を切る、その精神集中たるや徒事ではない。
  • エースと4番の条件、勝負事とは欲から入って、いかに欲から離れるか。つまり、いかに自分の欲を離れてチームの勝利の為に必要なことをやるか。しかしそれが難しいのはエースや4番はちやほやされるものだし、自分に厳しいが故に実績をあげられるからで、さら厳しく自己を律すること。
  • 考え抜かれた野球とど根性野球のバランス。行動の理由をいつもの3倍深く考える。
  • 「人は三人の友を持て」直言してくれる友、原理原則を教えてくれる友、人生の師といえる友。
  • 一流が一流を育てる。
  • 0.1秒喜ぶのが早い。
  • 「人間の最大の悪は、鈍感だ」野球は目配り、気配りが必要なスポーツ。日常生活で、食べ残しをほったらかしにするような鈍感人間が、野球で成功するはずはない。
  • 「畑を耕し」「種を蒔き」「花を咲かせる」
スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

カーマイン・ガロ

日経BP

20世紀最高のスピーカーに掲げられるスティーブ・ジョブズのプレゼンテーション、その極意に触れるが、テクニカルな部分については、本書を参考ください。 伝道とは、純粋で情熱的な営業、伝道で売るのは、形のある物体ではなく、夢です。情熱を持つためには、大好きなことを見つけてほしい。 人々をよりおい未来へといざなう、、、すべては情熱から始まる。情熱を持って意味のある世界を描けば、顧客や社員も一緒に作ることができる世界を描けば、聞き手の心を動かすことができる。 リーダーとは未来というものを明確にイメージしている、未来に魅せられ、変化を求めて動かずにはいられない。事態の進展がじれったい、現状に大きな不満を持っている。そして先へ先へと進むことをリーダーシップという。 我々は毎日3つのことを成すべきだと思います。生きている限り、毎日すべきことです。まず第一が笑うこと。毎日必ず笑うべきです。第二が考えること。じっと考える時間が必要です。そして第三が涙を流す程に強い心の動きを覚えること。幸せや喜びの涙だってありますから。 アントレプレナーの成否を分けるのは、不屈の精神。不屈の精神を生み出すのは情熱。そのことに対してもえるような情熱を持っていなければ生き残れない。あきらめてしまうんだ。だから、アイデアでもいい、問題でもいい、正したいと思う悪でもいい、とにかく情熱を持てるものがなければだめだ。
民の見えざる手
民の見えざる手
デフレ不況時代の新・国富論


大前研一

小学館

  • 数字を追い続けると、最後は価格競争になる。高級ブランドはピークから半分以下。
  • 単身世帯は、1960年の約400万世帯から2010年には1500万世帯を超えた。
  • 安価で安易なプライベートブランドの罠。価格と価値を混同した失敗例。ユニクロのgu、ZARAのMassimo Dutti、ソニーのQUALIA。・今一度、ハイコンセプト「デザイン・物語・調和・共感・遊び心・生きがい」に基づく商品作り。
  • 加ト吉の人材育成法。日本の大学や大学院に留学している中国人を採用し、日本で育てて中国の本部長や工場長にする。そして、現地人は優秀であるというマインドセット。その理由は。
  • 国力は、人口ではなく人材力。
  • 北欧型教育のLOHASの3つ「家族・コミュニティー・自然環境」
貝殻亭Resort&Garden
系列店
お薦めプラン
リクルート
ガーデンボランティアプログラム
社員・アルバイト募集
感動 PROJECT
ナニワイバラ街作りプロジェクト
近隣の観光スポット
京成バラ園
Message
Facebook
BLOG 一期一会
BOOK
「どんな仕事でも2割り増しでやりなさい」
「外資系の仕事術」
「外資系の仕事術」
岩崎 哲夫著
PHP研究所
「未来を創る経営者」
「未来を創る経営者」
国際経営者協会著
生産性出版

▲PAGE TOP