千葉県八千代市 砥部焼の店 山椒房

砥部焼 - 製造工程

手間がかかる複雑な工程

砥部焼きが誕生して約230年。芸術品でありながら、丈夫で実用性のある磁器として、全国的な人気をお誇る。陶石の採掘→粉砕精製→土練→成形→仕上げ→乾燥→素焼き→下絵付→施釉→本焼きと、砥部の歴史と共に培った様々な作業を経て私達の手にとどく。一生ものとしても使用できる砥部焼きは、そんなそれぞれの作業に関わる人々の技術や想いが込められた作品です。

陶石の採掘

地元で産する安山岩を陶石化したものが砥部焼きの原料。
この陶石を採掘することがスタートです。

粉砕精製

陶石を細かく砕いて、焼き物の原料を作ります。

土練

土練機を使って陶土の硬さを均一にし、空気を抜いて粘り気を出します。
工房を訪れるとまず入り口付近にこちらの機械を目にすることがございます。

成形

手びねり、ろくろ成形、鋳込みなどの技法を使って、形を作ります。
窯元さんめぐりのお楽しみの一つがこの成形見学です。

仕上げ

生乾きの時に、焼上がりの形をイメージしながら削ったり、サンドペーパーで磨いて仕上げます。

乾燥

天日や余熱を利用して乾燥させます。

素焼き

窯に入れて900度~950度で8~10時間かけて焼きます。

下絵付

一つ一つ丁寧に呉須(色)で模様を描きます。

施釉

下絵付したものの上に、釉薬をかけます。
この釉薬はたいてい灰を溶かしたような色をしています。

本焼

上薬をかけたものを、1300度程度で15~24時間かけて焼き上げます。

赤絵付

赤絵は本焼した作品の上に描きます。

二度焼

赤絵を乾燥させますと、2度焼用の窯で焼き上げます。
貝殻亭Resort&Garden
お薦めプラン
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
■:定休日
■店舗案内
map
《 住所 》
千葉県八千代市勝田台北2-4-5
TEL:047-484-9638
《 営業時間 》
10:00~18:00
《 アクセス 》
京成本線勝田台駅北口 徒歩5分
東葉高速線東葉勝田台駅T-1出口徒歩4分
砥部焼大使
砥部焼大使の皿
LINK
砥部焼き観光センター炎の里
愛媛のアンテナショップいよかん
BOOK
焼き物の里砥部―82窯元めぐり
砥部焼手仕事の味力
砥部焼手仕事の味力
陶街道五十三次しらべ帖 《砥部陶街道検定》
陶街道五十三次しらべ帖 《砥部陶街道検定》
NewBusiness
造園・リフォーム
リクルート
ガーデンボランティアプログラム
現場スタッフ募集
感動 PROJECT
ナニワイバラ街作りプロジェクト
近隣の観光スポット
京成バラ園

▲PAGE TOP